「 2018 5月 」記事一覧

2018.05.27 びわ湖便り

法務局の鯰 ~大津びわ湖合同庁舎~

tayoribana1

 

滋賀県庁の近くにある大津びわ湖合同庁舎は

2011年に竣工した県の新しい施設ですが、

この建物にはお役所らしからぬ開けた雰囲気があります。

 

 

それを特に感じさせるのが

2階の法務局のフロアにあるアートラウンジです。

 

 

ここにはびわ湖の象徴である鯰の

ユーモラスな陶芸作品が飾られています。

 

 

 

 

作者は山野千里さん。

 

 

 

法務局や税務署、検察庁など

お堅い官署が集められている場所なのですが

その堅苦しさや厳めしさをまるごとひっくり返すような

豊かな想像力と仕掛に満ちた素晴らしい作品です。

 

 

 

2018.05.27 びわ湖便り

4人目の裸婦 ~滋賀県庁本館~

tayoribana1

 

 

滋賀県庁の本館は昭和14年竣工の登録有形文化財。

 

 

 

建物には昭和初期の文化財らしいディテールが施されています。

 

 

天気の良い日には前庭の噴水が涼しげです。

 

 

 

この噴水を支える3人の裸婦像は

昭和40年につくられたもので、

作者は当時滋賀県立大学の助教授だった伊室重孝氏。

タイトルは「母なる湖」です。

ルネサンスの女神像の末裔という感じです。

 

 

県庁の前庭にはもう一体、裸婦像があります。

 

 

 

こちらは日展理事も務められた中川清氏のご遺族の方から

昭和50年代に寄贈されたものです。

 

 

タイトルは「海」

 

 

空を見上げる姿が特徴的で

噴水の裸婦と比べると

よりモダンで重量感があり

肉感的なリアリティがあります。

なので

この4人目の裸婦には

<あ、こんなところで裸で立ってちゃいけないですよ!>

と声をかけそうになります。

 

 

2018.05.25 びわ湖便り

落日コレクション 55

tayoribana1

 

びわ湖周辺の美しい落日の風景。

 

 

烏丸半島で見た夕景。

 

 

 

雲が劇場になった日。

 

 

 

 

 

 

2018年5月22日 草津にて

 

2018.05.18 びわ湖便り

<オマケ>の夜景 ~大津プリンスホテル~

tayoribana1

 

 

大津プリンスホテルのディナーブッフェは

滋賀の食材をふんだんに使ったなかなかのもの。

インバウンドの宿泊客の方々には特に人気のようです。

 

 

この風景はレストランの正面側から見た大津の夜景。

 

 

100万$の夜景とは言いませんが、

ディナーブッフェお1人様4800円の

<オマケ>としては豪華で素敵なものです。

 

 

もちろんレストランの外で眺める風景なので

食事をしなくても楽しむこともできます。

 

 

 

2018.05.16 びわ湖便り

落日コレクション 54

tayoribana1

 

びわ湖周辺の美しい落日の風景

 

 

瀬田川の水道橋。

 

 

 

 

雲の表情が魅力的に感じられる夕空でした。

 

2018年5月12日 大津にて

 

2018.05.16 びわ湖便り

輝く庭 ~びわ湖大津館ローズフェスタ2018 その3~

tayoribana1

 

 

ローズフェスタ開催中の

びわ湖大津館イングリッシュガーデン

 

 

青空と青いびわ湖が爽やかです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛すべき様々なバラが一斉に

そして見事に咲き揃って

この庭が一年で最も輝く季節です。

 

 

 

 

2018.05.16 びわ湖便り

赤いバラ ~びわ湖大津館ローズフェスタ2018 その2~

tayoribana1

 

 

びわ湖大津館イングリッシュガーデンのローズフェスタ

 

 

 

 

よく<情熱の赤いバラ>などと言われますが、

確かに見つめれば見つめ返してくるような強い色です。

 

 

 

2018.05.15 びわ湖便り

白いバラ ~びわ湖大津館ローズフェスタ2018 その1~

tayoribana1

 

 

晴れた空から降り注ぐ光が美しい5月。

びわ湖大津館イングリッシュガーデンのローズフェスタ

 

 

 

 

 

 

この光を透かす白いバラは

季節の清々しさによく似合います。

 

 

2018.05.12 びわ湖便り

アイドルは別の顔 ~びわこ文化公園~

tayoribana1

 

 

びわこ文化公園のキショウブ。

若い緑の中によく馴染む黄色です。

 

 

風が吹くとひらひらと花びらがなびいて、

シルクのスカーフのようです。

 

 

でもこの花は派手な色が好まれて

明治時代に輸入・栽培されたもの。

今は野生化もあり「要注意外来生物」であるとされています。

確かに園芸植物として徹底的に作り込まれた

日本のハナショウブの爛熟美とは

一線を画したフレッシュな印象です。

 

 

虫の好む色や形になったり、香りを発したりすることと、

人の気をひく色や形になったり、香りを発したりすることは、

植物の側から考えれば同じ繁殖のための戦略。

一方で人に鑑賞されて大事にされながら、

他方で野生環境にも適応して繁殖域を広げている。

巧みな繁殖戦略。

テレビやネットでアイドルとしての高い人気を保ちながら、

それだけでは飽き足らず

自らのファッションブランドを立ち上げて

辣腕経営者としても成功している、

という感じです。

 

 

 

2018.05.11 びわ湖便り

びわ湖便り(2017年)

 

⇒「びわ湖便りまとめ」へ戻る

  122 Story

b25 b29 b30 b31-1 b32 b33 b34 b41 b44 b45 b46 b47 b48 b49 b50 b51 b52 b53 b54 b55 b56 b59 b58 b60 b61 b62 b63 b66 b65 b64 b71 b72 b73 b74 b75 b78 b77 b76 b79 b83 b84 b81 b82 b86 b87 b88 b93 b94 b95 b100 b101 b102

 

★ラ コリーナ近江八幡シリーズ全4話(2017)

b96-1 b97 b98 b99

 

 


★建部大社 船幸祭シリーズ全4話(2017)

b89 b90 b91 b92

 

 


★滋賀県立 琵琶湖博物館シリーズ全6話(2017)
1 2 3
b35 b36 b37
4 5 6
b38 b39 b40


★石山寺の四季シリーズ(2017)

b29 b44 b7-1 b21

 

 


★湖東三山(2017)

 


錦市場シリーズ 全7話(2017)

m32 m33 m34
m35 m36 m37 m38