「 2017 5月 」記事一覧

2017.05.28 納入事例

京都の地下鉄のキャラクター製品

nounyuu1

 

地下鉄に乗るっ28

地下鉄に乗るっ25 地下鉄に乗るっ24 地下鉄に乗るっ19

 

京都の地下鉄のキャラクター製品の製作に参加させていただきました。

こちらは、アクリル製のスマホスタンドです。

 

地下鉄に乗るっ5

地下鉄に乗るっ2 地下鉄に乗るっ6 地下鉄に乗るっ7

地下鉄に乗るっ8 地下鉄に乗るっ9 地下鉄に乗るっ10

 

こちらは6種類ある文庫本のようなメモ帳です。

すべて揃えると背表紙の地下鉄のキャラクターが完成します。

 

地下鉄に乗るっ35

地下鉄に乗るっ37 地下鉄に乗るっ36 地下鉄に乗るっ31

 

こちらはシャープペンシル。

消しゴムもあります。

 

地下鉄に乗るっ40

 

 

地下鉄に乗るっ39

(京都駅で開催されたイベントの様子)

 

2017.05.28 びわ湖便り

落日コレクション 32

tayoribana1

 

びわ湖周辺の美しい落日の風景

 

落日2017052701

 

三日月がとても鮮やかな日。

ライトアップされた大津港の噴水と高層ホテルとその三日月が、夕景のグラデーションの中で天と地を結ぶ大きな三角形を描いていました。

絵本の中の美しい1ページを見ているようでした。

 

落日2017052704

落日2017052707

落日2017052708

落日2017052709

 

2017年5月27日 草津にて

2017.05.26 SELP製品のご案内, 納入事例

『生チーズケーキ オリジナル猪口入』(工房しゅしゅ・あゆみ福祉会) 

SELPバナー2

nounyuu1

 

立命松の司17

 

工房しゅしゅさんの『湖のくに 生チーズケーキ』を学校法人様のオリジナルネーム入りの猪口に入れて納入させていただきました。

今回の酒粕は滋賀の名門<松の司>さんのものですが、オリジナルの酒粕でも制作することが可能です。

 

立命松の司7

 

全国の大学の会議の記念品としてお使いいただきました。

 

立命松の司18

 

大変好評で、イベントの後に何件ものお問合せをいただきました。

 

立命松の司21

 

 

2017.05.24 びわ湖便り

比叡山の雫 ~日吉東照宮~

tayoribana1

 

日吉大社50

 

現在は日吉大社の管理となっていますが、元は比叡山延暦寺の末寺として建てられた日吉東照宮。

徳川幕府の<黒衣の宰相>天海上人による創建です。

 

日吉大社43

日吉大社53 日吉大社51 日吉大社55

 

日光東照宮のひな型と言われ、極彩色の華麗な装飾が施されています。

 

日吉大社47

日吉大社48 日吉大社44 日吉大社54

日吉大社56 日吉大社46 日吉大社49

 

作った職人さんたちの仕事ぶりに、ため息が出るような見事さです。

 

日吉大社45

 

建物自体が全体に小ぶりで、ミニチュアの神殿を見ているように、装飾の見事さが凝縮して間近に感じられます。

 

日吉大社57

日吉大社58

 

唐門を出るとびわ湖が一望できるというこの立地も、比叡山という大きなロケーションがここに凝縮されているようにも思えます。

日吉東照宮は自然と人の技術をぎゅっと搾って滴り落ちた比叡山の雫のようです。

 

 

2017.05.24 びわ湖便り

ルーツ・オブ・比叡山 ~日吉大社~

tayoribana1

 

日吉大社3

日吉大社1 日吉大社5 日吉大社6

 

滋賀県大津市にある日吉大社。

同じ大津市の西部にある近江神宮が、昭和に建てられた近代国家プロジェクトの神社であるのと対照的に、こちらは古事記にもその名前が登場する古代神話的神社です。

 

日吉大社37

 

この神社に祀られている主要な神様の一柱は、大津宮遷都の際に勧請されたものなので、天智天皇を祀る近江神宮とは2000年の彼方の親族のようでもあります。

日吉大社の「日吉」は、もとは<ひえ(日枝)>と読まれていて、それがまさに<ひえの山>=「比叡山」山岳信仰のルーツです。

 

日吉大社32

日吉大社18

 

比叡山を背景にし、その守護神であり、全国の山王信仰の総本社でもあるこの神社の境内は、強力なパワースポットです。

ご利益があるかどうかは別にして、すぐそこに神様がいるのを肌で感じます。

 

日吉大社16

 

そしてその神様の使いが、日吉大社のシンボルであるこのお猿さんです。

 

日吉大社35

 

神様がいると思っていたけれど、実は山のお猿さんがこちらを覗いていただけかもしれません。

 

日吉大社27

日吉大社69

日吉大社13

日吉大社25

日吉大社23

 

まあ、お猿様でも神様でもいいのです。

古代の神話の世界に向かって開かれ、豊かな山の自然に向かって開かれているこの場所が、現世と常世を結んでいることは確かな気がします。

 

日吉大社72

 

2017.05.24 びわ湖便り

薔薇マニアの交差点 ~草津市野村~

tayoribana1

 

草津2017051905

 

滋賀県草津市にある某個人病院の駐車場は、驚くほどのバラの花園です。

 

草津2017051904

 

カフェでも、フラワーショップでもなく耳鼻科の医院だというところが意外です。

開業医の先生の車道楽や食道楽はよく聞きますが、こちらの先生は珍しい薔薇道楽。

 

草津2017051903

草津2017051907

草津2017051906

草津2017051908

 

もともとの病院の敷地を越えて、交差点の先にまで広がっていて、ガーデニングのための小屋まで建てられています。

 

草津2017051909

 

このままいくと、さらに交差点の対面まで広がりそうな勢いですが、そこまでいけばこの場所は<薔薇マニアの交差点>として、けっこうな名所になるかもしれません。

 

 

2017.05.23 びわ湖便り

落日コレクション 31

tayoribana1

 

びわ湖周辺の美しい落日の風景

 

落日2017052103

落日2017052104

落日2017052101

 

びわ湖が燃えだしそうです

 

落日2017052105

 

2017年5月21日 草津にて

 

 

2017.05.23 びわ湖便り

落日コレクション 30

tayoribana1

 

びわ湖周辺の美しい落日の風景

 

落日2017052019

 

びわ湖の南端あたりにある矢橋帰帆島から見たびわ湖。

このあたりは東海道を船でショートカットできる港として、かつては大いに賑わった場所で、近江八景のひとつ「矢橋の帰帆」として名前を残しています。

 

落日2017052009

落日2017052008

落日2017052012

落日2017052016

落日2017052007

 

昔の船が賑やかに行き交う様子を、目の前の風景に重ね合わせて想像するのも楽しいものでです。

そんな歴史の拡張現実を、自分勝手に思い描けるのも、びわ湖畔に生活している人の特典かもしれません。

 

落日2017052018

 

2017年5月20日 草津にて

 

 

2017.05.21 びわ湖便り

21世紀型の女神 ~近江神宮~

tayoribana1

 

近江神宮32

 

大津市にある近江神宮は、昭和になって建てられた最新式?の神社です。

橿原神宮、明治神宮、平安神宮と同じ国家プロジェクトの近代神宮の末っ子です。

 

近江神宮24

近江神宮25

近江神宮37

 

お祀りしているのは天智天皇。この地域に大津宮を遷都されたことに因んでいます。

 

近江神宮19

近江神宮54 近江神宮18 近江神宮55

 

天智天皇は、日本に水時計を導入されたことで有名なので、近江神宮では時の神様になっています。そして近代の神社らしく産業の守護神でもあります。

ロレックスの奉納した古代の火時計や由緒の始りである水時計、日時計やセイコーの奉納した市販品のようでちょっと安っぽく見えるからくり時計、時計館宝物館や時計眼鏡宝飾の専門学校まであります。

 

近江神宮14

 

今考えると不思議な感じがしますが、戦前の日本では国家と宗教と近代産業と市民生活が混然一体であったということです。

もちろん、「政教分離」や「信教の自由」は建前上存在しているので、公的な神道と私的な仏教という二重化が、明治の神仏分離令以降ずっと進展してたのです。

おそらくこれが日本的な何でもありの宗教文化ミックスの背景にあるのでしょう。

 

近江神宮38

 

さらに百人一首の最初の歌が天智天皇のものであることから、かるたの神様にもなっています。ちょっとこじつけっぽいですが、それも国家戦略?

 

近江神宮51

 

ところが最近になってアニメにも実写映画にもなった競技かるたコミック「ちはやふる」によって近江神宮が<聖地>としてブレイク。

婚礼や七五三に対応していた近江神宮衣装部が、「ちはやふるコスプレ部」に衣替えしてしまいそうな勢いです。

 

近江神宮34

近江神宮36 近江神宮35 近江神宮57

 

昭和の時代に御鎮座されたかるたの神様は、平成の終わり21世紀の17歳の頃に、突然降臨した女子高生の女神様にちょっと席をお譲りになっているようです。

 

さて、そんなちょっと変わった由来と現状の近江神宮ですが、晴れた日には参道の木漏れ日がとても気持ちのいい場所です。

 

近江神宮48

近江神宮49

近江神宮50

近江神宮41

近江神宮52

 

神社としては新しく木々がまだ若いためでしょうか、光の抜けてくる感じが美しくすっきり感じます。

 

 

近江神宮46

 

 

2017.05.21 びわ湖便り

真っ赤な謎 ~琵琶湖ホテル~

tayoribana1

 

琵琶湖ホテル2017051727

琵琶湖ホテル2017051730 琵琶湖ホテル2017051728 琵琶湖ホテル2017051729

 

「湖国の迎賓館」琵琶湖ホテル。

国内外の著名人を迎えてきた旧琵琶湖ホテルが移転して建てられたもので、外観のデザインはユニークな建築で世界的に有名なシーザー・ぺリ&アソシエーツ(監修)。

地上12階171室という規模です。

 

琵琶湖ホテル2017051734

 

というと大仰な感じがしますが、基本はリゾートや宴会なので、わりとリーズナブルでアットホームです。

 

琵琶湖ホテル2017051706

琵琶湖ホテル2017051707 琵琶湖ホテル2017051704 琵琶湖ホテル2017051712

 

こちらの2Fにあるイタリアンのレストラン「ベルラーゴ」で食事をいただきましたが、ディナーのコースが3900円ということで、これも割とリーズナブルな価格設定。飲み物も飲み比べワイン3杯が1500円とお得感がありました。

もちろんお味も◎です。

 

琵琶湖ホテル2017051718

琵琶湖ホテル2017051717

琵琶湖ホテル2017051716

 

内装はしっかりと落ち着いていながら解放感があり、高級リゾートの雰囲気です。

 

琵琶湖ホテル2017051743

琵琶湖ホテル2017051724

琵琶湖ホテル2017051721 琵琶湖ホテル2017051746 琵琶湖ホテル2017051720

 

この建物の隣にはひとつの謎が立っています。

 

琵琶湖ホテル2017051732

琵琶湖ホテル2017051745 琵琶湖ホテル2017051733 琵琶湖ホテル2017051744

 

この新しいホテルの敷地内に、レトロな郵便ポスト。

なぜここに??

 

ホテルに確認はしていませんが、旧琵琶湖ホテルから受け継いできた伝統のひとつではないかと推理します。

 

琵琶湖ホテル2017051715