「 2015 9月 」記事一覧

2015.09.19 その他

大阪ギフトショーだより 6 キメラマッチ

今回の大阪ギフトショーでグランプリになったのがこれ

ec_product

マッチのように簡単に使えるお香「hibi」

1回擦ると10分香ります。

コンパクトなアロマアイテムというおもしろさがあり、

形状もユニークで、使用シーンにも広がりがあります。

加えて「淡路島のお香+播磨のマッチ」というローカル性には

地域再発見の魅力があります。

Read the rest of this entry »

2015.09.19 その他

大阪ギフトショーだより 5 基板のアート

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回のギフトショーで

新製品部門の大賞を受賞した製品。

電子機器の基板をもとに

東京の路線図をデザインしたiPhoneケースです。

本当の基板を製造している会社が製作していて

実際の電子部品が使われています。

さらにiPhone自体が発する電波を電力に変換して

LEDを光らせます。

カッコいい…

製品のブランド名は「moeco」

<基板萌え+コア・コンピタンス>の意味だそうです。

価格は13,000円(税別)— クールジャパンは安くない。

 

2015.09.19 その他

大阪ギフトショーだより 4 実用無用

bnr-seeohribbon

オシャレです、カワイイです。

セメントプロデュースデザインの

リボンから作ったレースのしおりたち。

全種類集めたくなります。

メルヘン度満点。実用性は皆無。

でもそれでいい、実用的でないことがデザイン的であることの証。

リアルじゃない。完全お飾り。だからこそメルヘンでいられる。

 

硬質で実用的でうんちくの塊である燕プロダクトとは対極の製品

2015.09.19 新製品のご案内

「クレーム・デ・ラ・クレーム」のシュクレ

sinnbana
 
 

NW08-008s1 syukure2

京都発のシュークリーム専門店「クレーム・デ・ラ・クレーム」の

オリジナル焼き菓子スイーツです。

しっとりフィナンシェの上に小さな生チョコシューをのせた

二層構造がユニークです。

あたためるとチョコレートが溶けて、よりしっとりした食感になります。

味はショコラとバニラの2種類。

価格は8個入が1940円、12個入りが2820円、16個入りが3680円(すべて税抜)

2015.09.19 新製品のご案内

京ほろり

sinnbana
 
 

horori3

まるくてかわいい京都のお菓子。

やさしい甘さと、カリッとしてホロッとする食感が魅力です。

インバウンドのお土産需要も好調らしい。

味は定番の抹茶と京都の柚子とごまとの3種類で、

京都に縁の深い風味になっています。

製造は明治4年創業の職人技が生きるお菓子工房でおこなっています。

お値段は単品が600円(税込) ギフトは2800円

 

horori1

2015.09.19 新製品のご案内

京ふわり

sinnbana
 
 

fuwari JF03544pb01

京都のお菓子「京ふわり」。

宇治抹茶とごまのふんわりサンドクッキーです。

ごまは京都のゴマソムリエ深堀氏厳選の

「手作り杵つき金ごま」と黒ごまを使用しています。

価格は6枚入りが600円、12枚入りが1,200円(税別)です。

2015.09.19 新製品のご案内

京野菜フィナンシェ

sinnbana
 
 

JF03547pb03 524400000_dl_04
京都の素材にこだわったフィナンシェ、「ガトー・ドゥ・京野菜」。

 

風味は「丹波黒豆」「京にんじん」「堀川ごぼう」

「万願寺とうがらし」「京の白味噌」の5種類です。

 

黒豆はOK、キャロットもいける。

ごぼう?万願寺??風味としては意外性があっておもしろい。

万願寺は緑の色も鮮やか。

意外といえば白味噌、これがバターとの相性が良くてgood!

お値段は5個入り1,200円、10個入り2,200円、15個入り3,000円(すべて税抜)

 

2015.09.19 その他

大阪ギフトショーだより 3 燕プロダクト

アイデアから製作までたった一人の個人で

やってしまう完全自家製造のコーナーのとなりには

デザインと製造を分業するという

プロダクトらしいプロダクトのコーナーがあって

そこにあったのがこれです。

新潟燕三条でデザイン&製造されたおろし金。

繊細ではあるがしっかりしたつくりで、

いい道具だと感じられます。

fdSTYLE_oroshi_01_S

で、ここにも製作者というかデザイナーご本人が

いらっしゃって、オロシやフライパンやトングなど、

この会社の製品についてのこだわりを

いろいろいろいろ延々と

(オロシの角度のこととか、鉄製フライパンの表面硬度のこととか、トングの置き方のこととか、剪定バサミの歯の切れ方のこととか、電気ケトルと湯たんぽの関係とか…)

聞かせていただけました。

Tabletong_08_S fdSTYLE_Sscissors_01_S

fdSTYLE_flypan26_02_S

 

 

 

2015.09.19 その他

大阪ギフトショーだより 2 糸鋸師

糸鋸で金属を切って繊細なジュエリー作品を作る

「糸鋸師」森田由花さんのイヤリングというか耳掛け装飾。

色耳掛(イロジカケ)シリーズのひとつ。

irojikake_mizu5-400x400

展示されていたものを見ていると

凝った形状のものが多く、

これが本当に糸鋸で作れるのか?

と思ってしまうほどの出来映え。

もちろんそこにも作者ご本人がいらっしゃったので

直接確認しましたが、間違いなく糸鋸で作っている。

「デキますよ~」というストレートかつ自信に満ちた返事でした。

 

 

2015.09.19 その他

大阪ギフトショーだより 1 ししゃもねこ

地味すぎる大阪のギフトショーでおもしろいのは、

参加者が個性的なこと。

東京ではライバル企業が、商業的な成功の方程式を競い合う、

という感じなのですが、

大阪では近所のぷちアーティストたちが

思い思いの屋台を並べている、

というようなところがある。

東京が表通りのチェーン店なら

大阪は裏通りの個人商店。

そんな大阪ギフトショーでの代表的なものがこれ。

「ししゃもねこ」です。

47243248e4a53ca36d9dc7cd0b81a486

なにがおもしろいかというと、

作者兼オーナーが会場のブースで

裁縫箱を広げて製品を作っている!

というようなところ。

アジアのどこかに仕様書送ってコンテナで云々で

為替レートがどうのこうのではなく、

作者自身によるリアルに完全自家製造手作り、なわけです。

それで、どうしてこんな会場で作っているのか尋ねると、

注文が多くなってきてさばききれなくなってきたので、

いつも裁縫箱を持ち歩いて暇を見つけて作っているとのこと。

「お裁縫は好きなので苦にはならない」らしい。

この作者にとって

製品が売れる、売れないというより、

ししゃもねこが広く愛されるキャラクターになってくれたらうれしい、

という素朴で素直な気持ちが大きいのだろうと思えます。