「 SELPのいろいろ 」記事一覧

2018.02.11 SELPのいろいろ, JGCグループ

JGCグループ 2018 新作ギフト展示会

SELPバナー2

プリント

 

 

毎年恒例の全通・JGCグループの新作展示会です。

 

 

多くの楽しい新製品多数。

 

 

今年は総合カタログの冒頭でも特集された

障がい者施設で作られた製品も集められていました。

 

  

  

  

 

 

2018.01.05 SELPのいろいろ, 新製品のご案内

2018年 総合カタログ 特集企画

sinnbana2

プリント

 

 

2018のギフトカタログ総合版が完成。

 

 

今年のカタログには巻頭に障がい者施設で作られた製品が

特集されています。

 

 

国会での砂長びんさんのインタビューも掲載されています。

 

 

2017.11.06 SELPのいろいろ

LIVE FOR LIFE 音楽彩 2017

プリント

 

 

白血病で亡くなった本田美奈子さんのメモリアルコンサート

LIVE FOR LIFE 音楽彩2017に協賛企業として参加させていただきました。

難病に苦しむ方々への支援などを目的としたコンサートです。

 

 

場所は東京日本橋、COREDO室町の三井ホール。

本田美奈子さんと親しくされていた同世代の歌手の方々など

20組ほどがボランティアで熱唱されました。

松本伊代、早見優、中村あゆみ、華原朋美、工藤夕貴、

加えて坂本冬美、宮沢和史、JKim、柴田智子など。

冒頭の挨拶は、今年81歳!になる作詞家の湯川れい子。

・・・その年齢としてはかなりしっかりされてました。

そして坂本冬美は松本伊代より若い!!

坂本冬美のデビューは87年で、松本伊代のデビューは81年。

テレビで歌う松本伊代に、中学生の坂本冬美は憧れていたらしいです。

そして<私の方が歌が上手い>と確信していたことでしょう。

松本伊代は16歳でデビューして、36年間ずっと未成熟なままで、

坂本冬美は20歳でデビューして、最初から成熟していました。

成熟したらアイドルではなくなるし、

成熟していなければ演歌歌手にはなれない、ということでしょう。

アイドルはファンの声援がなければステージが成立しないのに対し、

完成された歌手はステージの上で一人で輝きます。

 

 

中にはこんな熱心なファンの方々も・・・

 

 

 

ジェージーシー滋賀としては、

「ギフトで社会貢献」というテーマを掲げさせていただきました。

 

 

終演時間が1時間も伸びる盛り上がったステージでした。

 

 

2017.10.05 SELPのいろいろ

国会インタビュー

プリント

 

 

 

国会で障がい者施設の製品を販売されている砂長美んさんに、

インタビューをさせていただきました。

 

 

 

国会での販売の経緯など、お聞きした話をまとめ

来年度のJGCグループのカタログに掲載させていただく予定です。

 

 

砂長さんは先日本の出版もされていて、

この時は参議院議員の山本先生などにもご挨拶されていました。

プリント

 

2017.08.21 SELPのいろいろ

DISTORTION3 2018春夏コレクション

プリント

 

DISTORTION3

 

滋賀県甲賀市の障害者施設やまなみ工房で創られた作品をモーチーフにしたファッションレーベル<DISTORTION3>

その2018春夏コレクションの展示・受注会が京都で行われます。

今回もオリジナリティの高いデザインが揃うでしょう。

 

日時:2017/8/26~27(11:00~19:00)

場所:しまだいギャラリー

京都市中京区御池通東洞院西北角)

 

入場無料

試着もできます。

 

 

プリント

 

 

2017.03.19 SELPのいろいろ

たこ焼きミーティング

プリント

 

国会議事堂のコンビニで

障がい者施設の製品を売っておられる砂長美んさんと

製品開発の打ち合わせをさせていただきました。

 

たこ焼き会議1

たこ焼き会議2 たこ焼き会議9 たこ焼き会議13

 

九州方面から東京に帰られる途中に大阪に立ち寄っていただき

トゥギャザーの別府さんと三人で

新大阪駅名物のたこ焼きを食べながらの打ち合わせとなりました。

 

たこ焼き会議10 アリガトウショップ1 たこ焼き会議4

 

こちらは現在発売中の国会やお城のお土産品と

施設の製品写真を入れた日めくりカレンダー

 

たこ焼き会議8

たこ焼き会議7 たこ焼き会議5 たこ焼き会議6

 

全国各地にネットワークを持っておられるので

カタログギフト「Able」に掲載する製品を充実させていくのに

ご協力いただけそうです。

 

 

プリント

 

 

2017.02.22 SELPのいろいろ

プレスリリース発送中・・・

 

プレスリリース2

 

障がいのある方々の施設で作られた製品だけを集めて作った

選べるカタログギフト「Able(エイブル)」の

広報活動を進めています。

 

滋賀と京都を中心に

新聞社様やテレビ局様などに

プレスリリースを送らせていただいています。

 

キャッチフレーズは

「関西厳選15品 ギフトで広がる社会の輪」

です。

 

 

 

2017.02.18 SELPのいろいろ

ワンダーランドへの招待

プリント

 

甲賀市のやまなみ工房さんを舞台に

NHK Eテレで制作・放送され

昨年大きな反響を呼んだ

ドラマ「「アタシ イン ワンダーランド」

 

やまなみ工房176

 

主演の横田美紀さんが演技の枠を超えて

「やまなみ工房」のみなさんに反応されている姿が

感動的な作品です。

 

今回は主演の横田美紀さんなどを招いて

甲賀市でイベントが行われます。

タイトルは ~ワンダーランドへの招待~

 

やまなみ工房177

 

日時:2017年3月4日(土) 14:00~16:30(開場13:00)

場所:甲賀市あいこうか市民ホール

 

14:00~14:40 ドラマ「アタシ イン ワンダーランド」上映

14:45~15:45 スペシャルトークショー

(横田美紀 はるな愛 福岡利武 村上文香)

13:00~16:30 やまなみ工房作品展

 

 

やまなみ工房175

 

このイベントは滋賀県の

平成28年度アール・ブリュットの魅力を伝える

トークイベント事業の一環として開催されます。

2017.02.06 SELPのいろいろ, SELPのいろいろまとめ

selpのいろいろまとめ

プリント

 

 

SELP(セルプ)とは?

b_simple_8_0M
働く意欲がありながら、障がい等の理由により

一般の事業所に就職することが難しい人々のための就労の場のことをいいます。

logo

 

自助自立を意味する英語「SELF HELP」からの造語であり
ハンディに負けず、自分にあった働き方で
社会に貢献し、自立した生活を自らの手で獲得しようとする人達の思いが、この言葉には込められています。

(1995年に、授産施設に変わる新しい名称として、 社会就労センター協議会が作成)

 

セルプ(社会就労センター)では、一人ひとりの個性に合わせて社会自立の訓練や、

経済的自立を支援するために生産・販売活動を行っています。

 

b_simple_8_0M

 

このページではSELPの活動に関するいろいろな情報をまとめました。

 

rainn2

meeting   tenjikaisannka    book  repotoosirase2

↑クリックすると下に飛びます。

 

インタビュー&ミーティング

new2

2017.10.5
国会で障がい者施設の製品を販売されている
砂長美んさんに、インタビュー。
mieeting2 砂長美ん(すななが びん)さんと
製品開発の打ち合わせ。

砂長美ん(すななが びん)さんのご紹介はこちら

 

展示会に参加しました!

 

LIVE FOR LIFE 音楽彩 2017
白血病で亡くなった本田美奈子さんのメモリアルコンサート
LIVE FOR LIFE 音楽彩2017
協賛企業として参加させていただきました。
gihutosyo 2017.2.8~10 プレミアム・インセンティブショー春2017 に出展させていただきました!
gihuto 2016.12.1
「障がいを持つ方の社会参加を支援する 企業展示会」
に参加しました!(梅田スカイビル40F)
その1その2その3

 

SELPに関する書庫

日本でいちばん 茗荷村見聞記 賢愚和楽 障害者の経済学 アールブリュットアート日本 -e1466490120935 -e1466493819588 意識をデザインする仕事 こんなにかわいい雑貨本 みんなちがってみな同じ名称未設定 この子らを世の光に 福祉の思想 seimei korenarawakarusyougaisyasiennhoga

厚労省資料より
torousienn1-1 torousienn2-1 torousienn3-1 torousienn4-1 torousienn5-1

展示会などのお知らせ

new2

2017/8/26~27(11:00~19:00)
tenji10 2018春夏コレクションの展示・受注会

 

2017.3.4 2016.10.3 2016.9.6-9.11 2016.9.3-4 2016.9.3-
 syoutai  『楽園の夢』  『福祉現場で生まれるアート展』  DISTORTION3 2017春夏コレクション  日独 障がいのあるアーティストたちの交流展
NHK バリバラ で放送
 atasi  バリバラ

 

a-to1 a-to2 a-tortenn3 hukidasi4

2016.06.11          2016.5.19

syusyu1 syusyu2
工房しゅしゅ(あゆみ福祉会)さん の展示会情報です

 

 

2016.12.08 SELPのいろいろ

発達障がい者の雇用に向けて

プリント

 

%e7%99%ba%e9%81%94%e9%9a%9c%e3%81%8c%e3%81%84%e8%80%85%e3%81%ae%e9%9b%87%e7%94%a8%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6

 

現在開催されている(2016.12.1~12.11)

「障害者の社会参加を支援する企業展示会」において

出展者を対象としたワークショップが開催されました。

 

前半は障がい者の雇用支援をされている

株式会社エンカレッジの窪代表による講演。

後半はその講演を踏まえてのグループ討議でした。

 

「発達障がい」というのは定義するのが難しいものです。

身体障がいのようにストレートに障がいが目に映らないので、

目の前に障がい者本人がいても理解がしにくいものです。

理解されにくいので何となく周囲から浮いてしまって、

職場などに居づらくなります。

 

逆にその特性さえ周囲に理解してもらえれば

仕事をするのに支障がなくなります。

この場合「障がい」とは<無理解>の裏返しでしかありません。

実際「発達障がい」であることを理解してもらった場合の

職場での定着率は90%近いとのデータもあります。

(理解がない場合は、ほぼ確実に仕事が続きません)

 

もちろん、障がいとは別の個人の適応というのもありますから

障がいに関する理解があるからといって

仕事がすべてうまくいくというわけではありませんが、

様々な障がいに関する幅広い理解は

社会を円滑に動かすために必要なものです。

 

いわゆる「障害者」でなくても

働く上で大きなハンデがある人は極めて多いものです。

代表的なのは子育てや介護のある人たちで、

その人たちは時間的な制約は大きいし

突然休まなければならないことも多いです。

それが仕事を続けていく上で

「障害者」の「障がい」よりも障害になることも

あります。

 

ですから、「障害者」を特殊化するのではなく

社会にある様々な「障害」の

それぞれの局面として

普遍的に理解し直すことが

「障害者」であるかどうかに関わらず

社会全体を働きやすい環境に変えていく

第一歩になるのではないかとも思います。

 

「発達障がい」に関して言えば

働く上で障害となるのは

コミュニケーションに関する事が多いと言われます。

しかし、コミュニケーションが障害になるのは

障がいのあるなしに関わらず

社会一般、人間一般の常です。

ですから考えるべきなのは

障害の特殊性ではなく

障がい者も外国人も高齢者も含めた

ひとつの社会を貫く

ユニバーサル・コミュニケーションの在り方を考え

その考えを更新していくことでしょう。

 


 

 

・関連記事

%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%83%93%e3%83%ab87

「障害者の社会参加を支援する企業展示会」出展中!

 

 

プリント