「 ギフトのパンセ 」記事一覧

2016.05.04 ギフトのパンセ

カオスからの帰還

パンセバナー2

 

MBLE009

 

現在でも出産は一大事ですが、昔の出産は生と死の境界をまたぐ

大きな試練でした。

それは生命の根源に近づく極めて非日常の行為でしたから、

大きな穢れであると認識されました。

だから出産には隔離が必要でした。

妊婦は使う火を分け、出産のための小屋(産屋)にこもりました。

その場所は注連縄の結界で厳密に区切られました。

Read the rest of this entry »

2016.05.04 ギフトのパンセ

いのちの波間にて 1

パンセバナー2

 

SC1177

 

世界は人の数だけ、時間はいのちの数だけあるものです

あたらしいいのちが誕生すると、世界にはあたらしい時間が加えられます。

先のいのちに、あたらしいいのちが重なって

また次が重なって重なって重なって…

Read the rest of this entry »

2016.05.04 ギフトのパンセ

いのちの波間にて 2

パンセバナー2

 

1092

 

どのように高く荒ぶる波であっても

どこまでも穏やかな波であっても

なにもない水面に起きて

なにもない水面に消える。

Read the rest of this entry »

2016.05.04 ギフトのパンセ

<お祝い>はいつから「現金」になったのか?

パンセバナー2

 

金封2

 

賄賂など広義の贈与を別として、

お祝いなどの贈り物に現金を使うという風習は、

日本とアジアの一部だけに見られるかなり特殊なものです。

 

その特殊な風習がいったいどのようにして始まったのかということに

定説はありませんが、中世には貨幣が贈与物として使われていたとされます。

Read the rest of this entry »

2016.05.04 ギフトのパンセ

大判の振る舞い

パンセバナー2

 

大判

 

贈り物として作られたお金として有名なものに、

豊臣秀吉の天正大判があります。

秀吉はそれを輝く米俵として大名たちに下賜しました。

秀吉はこの世界最大の金貨をたった1日で4700枚、

銀も21000枚配ったと言われます。

「金配り」と呼ばれる大判の大盤振る舞いです。

Read the rest of this entry »

2016.05.04 ギフトのパンセ

有事の米

パンセバナー2

 

F034083

 

日本の中世は、その後半では貨幣経済が

かなり発展していたらしいのですが、

幕府の権威が低下してくると貨幣の正当性が保証されなくなり

一時貨幣の使用が停止してしまう事態が起きます。

お金に信用がなくなるとお金をどれだけ積み上げても

物が買えなくなります。

Read the rest of this entry »

2016.01.26 ギフトのパンセ一覧

ギフトのパンセ 一覧

パンセバナー2

「ギフトのパンセ」は儀礼やギフトについての独自の考察です。

fukidashi3_doctor

 

kekkonn結婚に関すること

 

 

 

syussann出産に関すること

 
 
money_10000お金に関すること
 
 

 
 
woman_okurimonoギフト全般に関すること

 

G01-1.1:貢献のはじまるとき

 

 

参考文献等

パンセバナー6