「 びわ湖便り 」記事一覧

2018.08.26 びわ湖便り

使徒逆襲 ~新名神「近江大鳥橋」夜~

tayoribana1

 

 

夜空と大鳥橋。

晴れて美しい星空と

巨大な橋梁の組合せです。

 

 

この橋の周辺は山の中なので

夜にこんな所で写真を撮っているのは

ちょっと怖くて、かなり怪しい。

 

・・・昼の大鳥橋はこちら・・・

 

 

2018.08.18 びわ湖便り

A whole new world ~瀬田川花火大会 船幸祭2018~

tayoribana1

 

毎年、夏の最後を飾る瀬田川の花火大会。

正式には建部大社の「船幸祭」というお祭りの一部です。

 

 

今年はそこに白いドレスを着た不思議な女性がいらっしゃいました。

何だか花火の観客を率いているような雰囲気。

彼女は星と交信する建部大社の西洋巫女か?

 

 

それとも花火を相手にドラマを演じる瀬田川女優か?

 

 

人々の注目をかなり集める存在だったので

次回からこういう人たちを観光船とか屋形船とか漁船に乗せて

「エレクトリカルパレード」とか

「イッツ・ア・スモールワールド」とか

「レット・イット・ゴー」とか

ついでに「タイタニックのテーマ」とか(船が沈みそうだけど)

を流しながら

瀬田川水上パレードをすればうけそうです・・・

 

 

 

花火の前の彼女の頭の中でも

きっと「ホール・ニュー・ワールド」が鳴り響いてたに違いありません!!

 

♪ A whole new world
A new fantastic point of view ♫

 

 

そうすれば瀬田川花火大会に、他に類を見ない

ユニークな<新し世界>が開けるでしょう。

 

ディズニーから訴訟を起こされるかもしれませんが・・・

 

 

 

 

 

 

 

2018.08.14 びわ湖便り

使徒襲来 ~新名神「近江大鳥橋」~

tayoribana1

 

 

新名神で草津から甲賀に向かう

長いトンネルを抜けたところに現れる

華麗な姿の「近江大鳥橋」

 

 

橋の意匠が空に向かって飛翔する鳥の姿であり、

この付近の地名に「大鳥居」があることから

<大鳥橋>という名前になったそうです。

「土木学会田中賞」を受賞しているちょっと有名な橋です。

 

 

人気アニメに登場する架空の生命体に印象が似ていることから

「使徒」というあだ名もあります。

 

 

 

 

遠目に見ると最新鋭戦闘機が発進する秘密基地

っぽくもあります。

 

 

2018.08.12 びわ湖便り

ソレナリエ932 ~JR草津駅周辺~

tayoribana1

 

 

JR琵琶湖線の草津駅界隈は、継続的な再開発がすすめられていて

江戸時代の宿場町と昭和の商店街と21世紀の高層建築が

入り乱れて雑然とした印象になっています。

それでも夜の街明かりを少し離れて眺めると

それなりに美しく、

点と線と面、暗闇と人の営みによる

その街なりのリズムが感じられるようです。

この景色を勝手に命名するなら

「ソレナリエ932」かな?

 

 

 

 

 

2018.08.08 びわ湖便り

光の降る遊園地 ~びわ湖花火大会2108~

tayoribana1

 

 

今年のびわ湖花火大会

瀬田川左岸からの眺めです。

花火が打ち上げられる大津港周辺が一等地で、

その対岸あたりが二等地。

打ち上げ場所から遠く離れた瀬田地域は三等地です。

でもびわ湖の上には遮るものが何もないので

ここからの眺めもいいものです。

 

 

何と言っても無料で空いている!

ここの観客は50人程度。

30数万人が訪れるこのイベントの

たった0.015%の人数です。

地元の人たちがのんびり眺めています。

 

 

光の降る遊園地のような景色でした。

 

 

 

2018.07.31 びわ湖便り

きっと蛍大橋 ~国道442号 瀬田川橋梁(仮)~

tayoribana1

 

 

瀬田川の下流に架けられた新しい橋です。

・・・名前はまだありません。

「国道422号大石東バイパスにおける(仮称)瀬田川橋梁」

ということになっています。

 

 

瀬田川と太戸川が合流する地点のすぐ下流にあり、

雨が降ると一気に増水しそうなところなので

作りはかなり頑強になっているように見えます。

川沿いの田舎道に突然これが現れるので、かなり印象にも残ります。

 

 

この橋を含むバイパスが開通すると

周辺の交通はかなりスムーズになりそうです。

(現在は離合に難のある峠道などで災害にも脆弱です)

 

 

開通は来年(2019年)の3月。

今からまだもう少し先です。

 

この橋がどんな名前が何になるかわかりませんが、

ここの少し上流はちょっとした蛍の名所で、

近くに螢橋という橋もあるようですから

きっとここは「瀬田川蛍大橋」という名前になります。

・・・かもしれません。

 

 

2018.07.25 びわ湖便り

落日コレクション 61

tayoribana1

 

びわ湖周辺の美しい落日の風景。

 

 

夕方、かなり曇っていたのですが

夜になる前の最後の10分

大きく空が焼けました。

瀬田川のマジックアワーです。

 

 

 

 

 

 

目の前を屋形船が通過。

楽しそうな宴会の歓声が岸辺まで響いていましたが、

どこかこの世の風景から隔絶しているようにも感じられました。

 

 

2018年7月25日 大津にて

 

 

 

2018.07.24 びわ湖便り

Biwako Bridge Blue 湖上のハイウェイ ~琵琶湖大橋~

tayoribana1

 

 

シンプルで伸びやかな曲線が美しい琵琶湖大橋。

夏の青空によく映える巨大なモダン建築です。

 

 

 

 

 

 

2018.07.24 びわ湖便り

湖上の学校 ~うみのこ~

tayoribana1

 

 

琵琶湖大橋の道の駅に停泊する学習船「うみのこ」

滋賀県では小学5年生がこの船でびわ湖や共同生活について学びます。

既に30年以上の歴史があり、この船は2代目。

学んだ子どもたちの数は50万人をこえています。

滋賀県の人口が140万人くらいですから

県民の3人に1人はこの船に乗っていることになります。

 

手前の彫刻は、この道の駅にある

いくつかの彫刻の一つで

佐藤忠良作「若い女・シャツ」

 

 

2018.07.22 びわ湖便り

落日コレクション 60

tayoribana1

 

びわ湖周辺の美しい落日の風景

 

 

昼と夜を分かち、水と空を分かち、人と人をつなぐ橋。

 

 

 

 

大きな夕空を映す大きな流れに架かる

鋼鉄で編まれた大きな橋の下で

大きなを獲物を狙う

小さな小さな釣り人のか細い釣り糸

 

 

2018年7月21日 大津にて