2016.08.13

障害者の就労支援について その2  ~厚労省資料より~

プリント

 

では、就労の状況はどうなっているのか。

 

障害者の就労支援について21_02

 

就業者数は年々増加しており、現在40万人以上の障害のある人たちが

一般企業で働いている。

ただ、何らかの障害をもつ人は788万人とされているので

雇用率としては決して高いとはいえないだろう。

また在宅の人の割合は4割を超えており

積極的な社会参加と受け入れ態勢作りが望まれるところだろう。

 

障害者の就労支援について05_02

 

 

 

それにしても、就職でも学校でも在宅でもなく

福祉サービスの利用者でもない人たちは

どこにいるのだろう。

 

総数788万人-(在宅324万人+就職42万人+学校20万人+福祉サ20万人)

=382万人!!

 

 

 

関連記事

 

・障害者の就労支援について その1

 

・障害者の就労支援について その3

 

・障害者の就労支援について その4

 

・障害者の就労支援について その5

 

 

障害者の就労支援について01_03

『障害者の就労支援について』(厚生労働省諮問委員会資料)

 

 

プリント