2016.08.8

たんぽぽの家(社会福祉法人わたぼうし会)さん その3

プリント

 

奈良市のたんぽぽの家さんの訪問記の第3回です

 

たんぽぽ18

たんぽぽ2 たんぽぽ81 たんぽぽ17

 

個性がぶつかり合うアートの製作現場。

 

たんぽぽ4

 

たんぽぽ11

 

メンバーたちがとても素敵な表情を見せてくれるので

説明を聞くよりポートレートを撮りたくなります

 

 

たんぽぽ46

たんぽぽ23 たんぽぽ7 たんぽぽ82

 

力強い線と豊かな色彩の作品を描く山野さん。

彼の作品は多くの展示会で発表され

企業の製品のデザインにも使われています。

人に話しかけるのが好きで、

訪問中の私にも何度も話しかけてくれました。

 

たんぽぽ83

 

たんぽぽさんでは9月にさらに先を行く試みをされます。

障害のある人とともに社会に新しい仕事をつくりだすことをめざす

Good Job!センターの開設です。

ここでは「アート×デザイン」「異分野のネットワークハブ」

「障害のある人の果たす主体的な役割」という目標を定めておられます。

 

たんぽぽの家40年の到達点、

そして次の方向性を明確に示す事業となるでしょう。

 

 

関連記事

 

たんぽぽ74

たんぽぽの家さん その1

 

たんぽぽ43

たんぽぽの家さん その2

 

たんぽぽ86

『生命のある樹』 播磨靖夫・編

(たんぽぽの家さんの活動の記録)

 

 

たんぽぽ85

たんぽぽの家さんのHPはこちら

 

 

プリント