2016.07.2

『重い障害を生きるということ』 高谷清・著

プリント

 

重い障害を生きるということ

電子書籍としてダウンロードもできる読みやすい文章の新書ですが、

その手軽さとは逆に、タイトルも内容もたいへん「重い」本です。

そして福祉に関わる人も、そうでない人にも

ぜひ読んで、向き合ってほしい内容です。

もしかしたら、読む人の人生観を

90度も180度も変えてしまうかもしれません。

 

障害者福祉に深く関わってきた医師である著者の

実践と実感が綴られています。

医学が単なる技術に止まらず、人間的な厚みをもった時、

それはあたたかく深く輝くものになります。

 

 

プリント