2016.06.16

狐のふところ ~伏見稲荷~

miyakobana

 

伏見稲荷49

世界一の観光地の京都で

外国人に最も人気のあるスポットが伏見稲荷。

 

伏見稲荷56 伏見稲荷68 伏見稲荷47

怒涛のインバウンドによる連日大縁日の状態。

いつも京都を席巻している修学旅行生たちも

ここではマイノリティ。

 

 

伏見稲荷21

人気の秘密は

ここが外国人の目から見て極めて日本らしく

派手で写真撮影に向いていること。

さらに24時間無料で開放という太っ腹。

入園料が必要でそれなりの作法らしきものも要求される

地味で窮屈なお寺の庭園と比べて

観光地としての人気が高まるのは当然でしょう。

 

伏見稲荷41 伏見稲荷61 伏見稲荷60

ここで要求されるお作法は、「右側通行」くらい。

至ってシンプル。そして自動車も右側通行。

 

伏見稲荷40

伏見稲荷35 伏見稲荷36 伏見稲荷38

伏見稲荷37 伏見稲荷39 伏見稲荷69

さらにここでは境内に占い師がいて

周辺には別の宗教施設が増殖して

民家と鳥居が交錯して

神仏習合どころではない

現世も来世も八百万もそれ以外も何でもアリという感じ。

 

横断歩道を渡ればすぐ神様!

 

 

伏見稲荷23

伏見稲荷20 伏見稲荷70 伏見稲荷22

でもここにあるのは基本的には無数の鳥居だけ。

他にあるものの存在がすべて忘れ去られるくらいの圧倒的な数の鳥居。

鳥居が鳥居を呼び、無限に自己増殖する信仰のランドアート。

 

そしてその鳥居をただくぐるだけ。

これまた極めてシンプル。

 

伏見稲荷18

だからこそ何十万人観光客が来ようと捌けてしまう。

 

重要なのは鳥居の先には常に鳥居があり、

そこに光が差し込んでいるということ。

その先に僅かな希望の光が見えていれば、

人は勝手に無数のハードルをくぐって進んでいくのである。

それが人の心理というか人生の真裏というか信仰の真理というか

そういうもので、そんなものがここには組み込まれている。

 

山がすべて神域で、さらにその外にまではみ出している

伏見稲荷のふところは

インバウンドも生臭な現世利益もすべてのみこんで

無限に深い。

 

伏見稲荷54

伏見稲荷50 伏見稲荷9 伏見稲荷62

ところで、これだけの観光客を集めるお稲荷さん。

その懐具合も少々気になるところではあります。

そこは商売の神様だから、そちらも

ありがたやありがたや、なのかな。