2018.06.6

花のアルミニウム ~もりやま芦刈園2018 その3~

tayoribana1

 

 

様々なあじさいの花が栽培されている守山市の芦刈園から。

 

 

少し儚げで、それでいて直向きな印象もある青いあじさい。

 

 

あじさいの花は酸性の土壌では青い色になるそうです。

酸性の土壌で溶けるアルミニウムイオンの影響だそうです。

 

 

葉緑素の緑からアルミの青になり

次第に有機酸をためて赤っぽく変わります。

 

 

 

あしさいの花の色素はデルフィニジンというもので、

スミレの青やワインの赤紫もその色素によるものだそうです。