2018.02.5

『日本のポスター 明治・大正・昭和』三好一著 2003年 紫紅社

プリント

 

 

主に明治期から戦前・戦中にかけての日本のポスターを集め、

製品分野別に編集したものである。

 

近代以前にも日本には画像を使った掲示物は存在した。

「絵びら」と呼ばれるものである。

明治に入りそれが次第に洋風の「ポスター」に代わり、

印刷技術は木版から石版そして金属版になっていく。

技術の進展は印刷物の大量生産と呼応するものだった。

 

そしてそれは都市の市民生活の劇的な変化とも

歩調を合わせる。

 

化粧品、医薬品、酒類、衣料品、菓子といった

近代生活の変化と豊かさや憧れが

そこには表現されている。

表現手法は玉石混交といった感じである。

 

それが洗練度を増し、

よりモダンなアールデコや未来派のような

直線的で色数の少ないものに変化していく頃には、

ポスターにも次第に戦時色が現れてくる。

多品種の豊かなバラエティが

統一的な超大量生産へと歩みを進める。

 

それを眺めていると近代化の進展は

戦争の必然を孕んでいたのではないかと

思えてくる。