2018.01.14

異世界トンネル ~ねじりまんぽ~

miyakobana

 

 

琵琶湖疏水・インクライン跡の土手に掘られたトンネル。

 

 

通称「ねじりまんぽ」

奇妙な名前です。

 

 

中のレンガが斜めに積まれて

ねじれたようになっている

ちょっと変わったトンネルです。

思わず首を傾けて、

頭の上に?マークが出てきそうな感じです。

トンネル内に足を踏み入れると

足元がふわっと浮くような感じになり

そのまま異世界に入ってしまいそう

・・・とまで言うと大げさですが・・・

 

 

建築関係の正式な呼称は「斜拱渠(しゃきょうきょ)」

全国に30カ所くらいあって、

そのほとんどが明治時代に作られたものであるとのことです。

その中でもこの蹴上のものは有名です。

トンネルの上に掲げられた扁額には

第三代京都府知事・北垣国道の揮毫で

「雄観奇想」「陽気発所」とあります。

 

 

鉄道の下に道路や水路用のトンネルが掘られる時に

その鉄道と道路や水路が斜めに交叉する場合は、

強度を保つためにこの積み方がされたのだそうです。

 

建築の主役がレンガからコンクリートに代わると

この不思議空間が作られることはなくなりました。