2016.05.13

瑞穂(美輪湖の家 大津)さん

プリント

大津市の瑞穂さんを訪問させていただきました。瑞穂39

瑞穂15

障がい者福祉の伝説的な存在である茗荷村さんのファミリー。

 

瑞穂38 瑞穂43 瑞穂45

特徴としては

常に支援者さんとともにあるので隣に後援会事務所がある。

1000人以上の人が訪れる「みずほ祭」は今年で25回目。

祭りの人気はかき氷。

瑞穂20 瑞穂36 瑞穂33

住宅地の真ん中にある

住宅地の真ん中なのにしっかり畑がある

施設入口の鉄のオブジェは、たぶんみんなに忘れられている。

 

瑞穂35 瑞穂17 瑞穂22

施設のキャラクターのみずほちゃんがいる

食事の時にはちゃんと感謝をする

窓の外はすぐに線路

 

瑞穂18 瑞穂16 瑞穂19

歴史を感じる。

 

瑞穂21 瑞穂7 瑞穂31

メルヘンな車椅子がある。

マーマレード作っている。

マーマレードのために夏みかんを育てている。

 

瑞穂12 瑞穂41 瑞穂40

いなかのおじいちゃんである茗荷村譲りのみそ作りがある。

 

瑞穂23 瑞穂28 瑞穂27

手彫りの版画もある。

 

瑞穂24 瑞穂26 瑞穂25

その版画にも歴史がある。

代々のカレンダーがある。

最新版は「京の四季」

 

瑞穂42 瑞穂30 瑞穂34

はなれではクッキーも焼いている。

 

 

版画の部屋には小さな仏壇があって

いつでも手を合わせることができる。

 

 

瑞穂さんのことを一言でまとめるのはとてもむつかしい

と思われるが

たぶんそれはこの施設に関わっているすべての人が

感じていることではないだろうか。

 

そして何故むつかしいかというと

おそらく瑞穂さんが

(茗荷村・農業+支援者)×(住宅地+支援法)

という掛け合わせになっているからではないだろうか。

出自である素朴で農業的なものと

法整備後の現代的なバリアフリーの混在。

だから現代っ子であるみずほちゃんは

同時に農作業姿のアグ女子でもあるのだろう。

 

 

 

 

瑞穂44

畑の隅には石膏像が立っている

瑞穂46

支援員の梶原さんのバッグはグレイトフルデッド

ファンシーなのに過激

 

 

プリント