2016.05.7

わたむきの里(わたむきの里福祉会)さん

プリント

日野町のわたむきの里さんを訪問させていただきました。

わたむき12

「わたむき」とは地元で愛される綿向山(わたむきやま)のことで

この地域の豊かな自然を象徴するものです。

わたむき9 わたむき10 わたむき3

大きな施設で利用者さんが120名、職員さんが40名という大所帯。

1か所の施設としては県内最大級です。

わたむき7 わたむき4 わたむき5

遠目には立派で少し近づきがたい印象もある建物ですが

近くでよく見ると

入口の柱には利用者さんが作られた粘土板がはめ込まれていたり、

玄関を入ったところに小ぶりでアンティークな柱時計があったり、

やさしい木目の食堂の壁に所せましと書初めが張られていたりと

昭和の家庭生活を髣髴とさせる、ほっとする感じがあります。

 

わたむき2 わたむき1

こちらは施設内にあるリサイクル品の集積所

「わたむきの里エコドーム」

新聞・雑誌・空き缶・ペットボトル・古着など

町内のリサイクル品の1/3がここに集まるという

エコのランドマーク的存在。

 

わたむき13

豊かな農地を生かした

おいしい米作りもさかんで

年間13.5トンの生産があります。

すべて直販で毎年完売御礼。

 

わたむき6

自主製品としては

一口ラスクとお煎餅(野菜・海鮮チップス)があります。

お値段は150円~とリーズナブル。

 

地域での認知は高く、事業は骨太、

そして素朴で小さな古時計…

しっかり地に足の着いた印象の施設さんです。