2017.03.16

『宗教改革 ルター、カルヴァンとプロテスタントたち』 オリヴィエ・クリスタン 著 佐伯晴郎 監修 1998年刊 創元社「知の再発見」双書

プリント

 

宗教改革2

 

『宗教改革 ルター、カルヴァンとプロテスタント』
オリヴィエ・クリスタン 著 佐伯晴郎 監修
1998年刊 創元社「知の再発見」双書

 

教対立による混乱の血なまぐさい図版多数の本。
これを見ていると
混乱や殺戮などが満ち溢れた
無数の俗世の表現の果てに
「聖テレジアの法悦」が忽然と現れて、
この偉大な傑作が単にベルニーニ個人の才能だけではなく
血みどろの歴史という基盤があってこそ成立したものなのだと
腑に落ちる。

 

宗教改革4

 


 

 

● 関連する記事 ~宗教改革の時代に関して~ ●

・『宗教改革の真実』 永田諒一 著

・『宗教改革とその時代』 小泉徹 著

・『主権国家体制の成立』 高澤紀恵 著

・『クラーナハ《ルター》』 マルティン・ヴァルンケ 著

・『500年後の誘惑 クラーナハ展図録』グイド・メスリング 新藤淳 編著

・『宗教改革』 オリヴィエ・クリスタン 著

・『キリスト者の自由 他』 マルティン・ルター 著

 

 

パンセバナー7

 

パンセバナー6