2017.03.5

『無葬社会』 鵜飼秀徳 著  2016年刊 日経BP社

プリント

 

無葬社会4

 

『無葬社会』
鵜飼秀徳 著
2016年刊 日経BP社

 
『寺院消滅』という本がベストセラーになったので
これは二匹目のドジョウを狙って書かれた、
などというのはもちろん失礼である。
 
ホームレスの人たちが
最期は仲間に看取ってほしいと願うところなど
しっかりとした取材がないと出てこないであろう
人間社会の本質に迫る感動的なエピソードである。
連載記事としてなら十分以上の内容である。
ただ一冊の書籍としてみた場合、
豊富な取材が仇になって
まとまりに欠けているのが残念なところである。
 
もちろん現場の現実は
多様で雑多でまとまりのないものなのだから
仕方のないことなのだけれど・・・
 
無葬社会2

 
 

パンセバナー7

パンセバナー6