2016.05.4

信楽くるみ作業所(信楽くるみ福祉会)さん

プリント

甲賀市信楽町のくるみ作業所さんを訪問させていただきました。

くるみ1

昭和57年にこの地で開設されて四半世紀になります。

信楽地区の地場産業である焼物を中心に

作業を行っておられます。

くるみ3 くるみ2

作業所さんでは施設利用者のみなさんのことを

よく「仲間」と呼ばれていますが、

くるみさん作業所さんで聞く「仲間」という語には

他の施設さんとは少し違う響きがありました。

それは辞書的な明朝体で印刷された「仲間」ではなく、

ひらがなで太く、にじみとひろがりと深みをもった

手書きの「なかま」でした。

くるみ作業所というひとつ屋根の下で暮らす

強い紐帯で結ばれた家族、一家という響きが、

その「なかま」という語から感じられました。

それは四半世紀の時間の中で太く成長してきたもの、

信念であるように思います。

その根の深さと重みは宗教的な域に達しているかもしれません。

 

プリント