2017.01.17

ファッション原論 ~京都市動物園~

miyakobana

 

京都市動物園2

京都市動物園4 京都市動物園5 京都市動物園39

 

今年の流行が何色だとか

誰それのセンスがどうだとか

どこそこのブランドが何だとかかんだとか

人間世界の些細な心配事とは無縁に

動物たちの着こなし身のこなしは美しい。

 

京都市動物園7

京都市動物園9 京都市動物園8 京都市動物園10

 

それは着替えることのない生存の在り方の表現で、

 

京都市動物園21

 

肌を脱いでも同じ肌で

 

京都市動物園23

 

ただ黒くてぶら下がっているだけでも

 

京都市動物園16

 

ただ無造作に置かれているだけでも

 

京都市動物園15 京都市動物園20 京都市動物園33

 

だだ寝そべったり、寝そべったり、寝そべったりしているだけでも

 

京都市動物園17

 

こんなに小さくても

どれもがだれもが見事である。

 

京都市動物園22

 

目が大き過ぎたり

 

京都市動物園38

 

耳が大き過ぎたりするのは

悪魔のようにかわいい。

 

京都市動物園37

 

ヒョウ自身(ジャガー)によるヒョウ柄はこの上なくセクシーで

 

京都市動物園36

 

檻の中に閉じ込められていても

お仕着せではない森の王者は

裸の王様に落ちぶれることはない。

 

京都市動物園27

 

毛づくろいのやり過ぎで

人間はすっかり裸に「進化」して、

その進化の原罪を贖うために

今年の流行が何色だとか

誰それのセンスがどうだとか

どこそこのブランドが何だとかかんだとか

些細な心配事を無限に繰り返すようになった。

 

京都市動物園14

 

そして今は

どんな生物にも似ていない

こんな鉄の殻を被って生きるようになったとさ。

 

めでたし、めでたし。。。